2016年02月11日

不倫相手(愛人)に慰謝料請求・内容証明

内容証明、回答書、示談書などの書類作成のご依頼後は、3か月間相談無料です。
書類作成後の相手方の対応、不安、心配事など、気軽に何度も相談していただくための無料相談です。


全国どこからでも承っています。お気軽にお問い合わせください。

浮気(不倫)相手に対して、慰謝料の請求、あるいは、不倫(不貞)行為を即刻中止し、今後一切接触しない約束をさせることが可能です。

浮気をしたということは、夫(妻)と浮気相手とが共同して、一方配偶者の貞操権を侵害したことになり ます。ですから夫(妻)と浮気相手は共同不法行為者として、被害を被った一方配偶者の精神的苦痛 を賠償するという連帯責任を負います。

従って、精神的な損害を被った一方配偶者は、夫(妻)と浮気相手の両方、あるいは、どちらか一方に対して 損害賠償(慰謝料)を請求することが出来るとされています。

ただし、浮気相手に対して慰謝料を請求できない場合もあります。

たとえば、夫婦の婚姻関係がすでに破綻していた場合であったり、
夫(妻)が結婚していることを隠して浮気相手と不貞行為をしていたような場合には、慰謝料請求は難しいとされています。

不倫(不貞行為)の問題を解決するための手段として、通常はまず内容証明を送付し、 相手が応じない場合、民事調停、または、裁判という裁判所の手段で解決を図ることが一般的です。

内容証明は、協議で解決する有効な手段として幅広く利用されていますが、何度も送るという、たぐいのものではありませんので、一回の送付で確実に結果が残せるような内容でアプローチしていく必要があると考えています。

また、内容証明の文章は、郵便局に保管されますので、証拠能力がとても高いものです。
実際に、調停、訴訟ではその内容証明が証拠になっていきます。

証拠という点では、内容証明を出す側においても、書き方に注意をしないと不利な証拠を残すようなことにもなりかねません。

例えば、行き過ぎた表現、あるいはちょっとした言い回しの表現で、揚げ足を取られるなど、それが火種となり、新たなトラブルに発展してしまう可能性もあります。

また、誠実に対応しようとしている相手に対し、感情のままに挑戦的、高圧的な内容証明を送ってしまうと、 丸くおさまる筈だったものも、こじれてしまうこともあります。

なので、内容証明の書き方にはとても注意を要します。

当事務所では、離婚・男女問題の専門家としての知識とノウハウを基に、ケースごとに、行政書士として法的なポイントをきちんと押さえ、ご依頼主様のご希望に沿って考え、最善策は何か、どこにゴールを持っていくか、などを常に念頭において配慮を重ねて作成しています。

加えて、カウンセラーの着眼点で心理的なアプローチを駆使し、うまく解決の方向に向くように、そして、出来るだけスムーズに結果が残せるよう、ご依頼主様の利益を最大限考慮して完成させています。

内容証明を法的な仕事をしている第三者の仕業者から送る効果として考えられる事は、こちらの本気度を示すことが出来る事、そして、このままではすまさないという、相手方にはプレッシャーをかけられる事だと思います。

相手方に、●●してほしい、●●しないでほしい、を内容証明で実現させませんか?

当事務所では、間違いのない内容、確実な成果を出せるよう、ご依頼主様がご納得いくまで、何度でも書き直しています。(追加費用は一切かかりません)

内容証明を送るかどうか、考えている方にとって、不倫(不貞行為)問題は突然沸き起こった問題に対する驚き、やっぱりという落胆、不信感、これまで家族を大切に思っていた気持ち、家族を守りたい気持ち、納得できない!どうして?という気持ちなど、複雑な心情や怒り、これまでの夫婦関係を含めたさまざまな経緯があろうかと思います。

今、どのようなお気持ちで、どのようなことを実現したいと考えていらっしゃるのでしょう。もし、私でよかったら、ご友人や、ご親戚に相談するように、気軽にお話していただけたらと思います。

話すことで、問題点が整理されますし、話すことで、心の浄化になると言われています。

そのご連絡が、相談者の方の希望を叶える第一歩となりますよう、一番最初のスタートとして、当職が何等かのお手伝いできたら幸いです。

内容証明発送後に、問題が解決したあかつきには、今後のトラブルを回避するため、あるいは、金銭的支払いの約束、今後の取り決めなど、すべての問題をリセットさせるために示談書や誓約書を残したほうが、当事者の方、双方が安心です。

この時取り交わした示談書誓約書も重要な証拠になり、それが後々活きてくることもあろうかと思います。

また、もしも突然、内容証明が送られて来た場合のその対応として回答書についても承っています。

内容証明作成    20,000円から
回答書作成     20,000円から
誓約書作成     20,000円か
示談書作成     30,000円から



【ご相談の方法】
面談あるいは電話
予約を入れていただく形でお願いしています。
土日祝日も対応しています。
夜間対応可。
キッズルーム完備(お子様もお連れください。たくさんおもちゃがあります)

【ご相談料】
初回の方のご相談は30分無料で聴かせていただいています。
以後、30分毎に4,000円ずつ頂戴している形でお願いしています。

【連絡先】
円満離婚相談センター(さゆり行政書士事務所)
行政書士・カウンセラー 坂田さゆり
群馬県前橋市大渡町1−6−9 津田ビル202
電話番号:027−252−5624
携帯電話:

どうぞ、お気軽にお問合せ下さい。

出張します  (遠方の場合には交通費を相談させていただきます)
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡榛東村 北群馬郡吉岡町 多野郡神流町 甘楽郡下仁田町 甘楽郡甘楽町 吾妻郡中之条町 吾妻郡嬬恋村 吾妻郡草津町 吾妻郡東吾妻町 利根郡昭和村 利根郡みなかみ町 佐波郡玉村町 邑楽郡板倉町 邑楽郡明和町 邑楽郡千代田町 邑楽郡大泉町 邑楽郡邑楽町


電話、メールで全国どこからでも対応しています
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 静岡県 岐阜県 愛知県 富山県 石川県 福井県三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県

免責・守秘義務

免責・守秘義務       

                
免責事項
・当サイトの情報は、十分な確認のもと掲載しておりますが、自己責任のもとご利用下さい。
・ 当サイトのご利用により生じました損害等につきましては、いかなる責任も負いかねますのでご了承ください。



守秘義務
私、さゆり行政書士事務所は個人情報の取り扱いに関し、個人情報の保護に関する法令、行政書士法第十二条に定められた守秘義務を遵守します。相談者様から知り得た情報の一切を他へ漏らすことはありません。どうぞ安心してご相談下さい。

  
<守秘義務の例外>
当事務所は個人データを第三者に提供することはございません。
あらかじめ御本人の許諾がある場合、法律により開示、公開を要求された場合以外において第三者に情報の提供をすることはありません。




対象とする個人情報の利用目的
当事務所は業務遂行ための目的の範囲を超えて個人情報を取り扱いません。


個人情報の管理について
個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止その他の安全管理に必要かつ適切な措置を講じます。
万一事故が発生した場合でも、事実関係等を本人に速やかに通知する等迅速かつ適切に対処して、事故の再発の防止等、その是正のため最大限努力します。


開示・訂正・利用停止について
当事務所は、ご本人の希望で自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等の請求があった場合は、必要な確認を行った上、異議なく速やかに対応いたします。


作成及び改訂年月日
平成24年8月13日作成

群馬県家族問題専門 法務(Home)心理カウンセリングRoom
さゆり行政書士事務所        行政書士 坂田さゆり
posted by sayuri at 08:18| 免責・守秘義務 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

財産分与|不動産ローン

財産分与とは、離婚に際し、夫婦が結婚生活を送っている期間に協力して築いた財産を夫婦で分けることを言います。

結婚前に蓄えていた財産や、結婚後に相続などで取得した財産などは、夫あるいは妻の固有の財産ですので財産分与の対象にはなりません。

また、財産分与は、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も分与されます

マイナスの財産である借金が家庭生活のために使われたのであれば、夫婦で負担することになります。
ただし、夫婦のどちらかが個人的にギャンブルなどで借金した場合、それは家庭生活のための借り入れではないので、使った本人の負担と言うことになり、この部分は財産分与の対象になりません。

離婚をするにあたり、財産分与を考える際には、婚姻中に作ったプラスの財産とマイナスの財産をすべてリストアップしましょう。

不動産にローンが残っている場合はどうなるでしょうか

財産分与の対象になる財産のうち、いちばん価値があり、また、争いになるのは不動産だと思います。

住んでいる住宅を財産分与する場合、住宅ローンが残っているケースが多く、このローンをどうするかと言う問題が発生します。

考え方の最初の入り口としては、住宅を売却するか、売却しないかということになるかと思います。

売却する場合、ローンを返済した残りが財産分与の対象になります。

プラスになれば、そのお金をどう分けるかと言うことになります。しかし、今のご時勢、不動産価格が下落していますので、ローンのほうが上回ることもあります。その場合はオーバーローン部分をマイナスの財産としてお互いの負担額を決めます。

売却せずに、どちらかが離婚後もその住宅に住む場合には、
判例や実務でよくとられている方法としては、返済資力のある夫(妻)が夫(妻)名義の住宅を保持し、ローンの返済も続け、妻(夫)には住宅の価値の一部を財産分与として金銭で妻に支払うという方法がとられています。

しかし、必ずしもそのようにしなければならないわけでありません。
さまざまな周辺事情もあろうかともいますので、総合的に考えて決めていけばいいと思います。

特に、お子さんがいる場合には、引っ越さずに、今まで住んでいた家に住まわせてあげたいという気持ちもあろうかと思います。

親として、ただでさえ、親の離婚で精神的なダメージを与えてしまうのであれば、今まで慣れ親しんだ家、学校、友達などの地域生活は、少なくとも確保してあげたいというのは、親心だと思います。

その場合、今まで通りにローンは夫(妻)が払うという取り決めをすることにより、妻(夫)と子供が、今まで住んでいた住宅に引き続き、住み続けることは可能です。

実際に、そのような取決めをしたいという、書面作成のご依頼は多く、離婚協議書(公正証書)の作成のお手伝いをしています。

その場合の注意点として、ローンが未払いになれば、抵当権が実行されて、住宅が競売になってしまう可能性もありますので、確実に夫にローンの支払いをしてもらうために、支払いの約束を公正証書にすることでカバーすることになります。

もちろん、その前に金融機関の承諾も必要になってきます。

また、不動産ローンの保証人になっている場合もありますよね。

その場合、保証人を外してもらったり、それができない場合どうすればいいかなどの問題が発生してきます。

当事務所では、周辺事情を考慮して、一番いい方法を考えていきます。

ローン付きの住宅をどのようにしたらいいか、困ったときには、お気軽にご相談下さい。

また、相手方の交渉の方法、有利な交渉の方法などにおいて、法的にそして心理的な面からアプローチの方法をアドバイスさせていただきます。

もしも、話し合いができないという場合には、中立な第三者として当事務所が話合いの立会いをします。

立会いの際には、財産分与等の離婚に際しての一般的な情報提供をさせていただきます。
(行政書士は相手方との交渉は一切できません)

決まった財産分与の合意内容に関して、分与の内容、支払い方法、条件等を詳細にまとめ、書面に残しておけば後々トラブルにならずに済みます。それが離婚協議書(公正証書)です。

当事務所は離婚協議書(公正証書)の作成を承っています。
ご依頼主さまの視点でオリジナルの離婚協議書(公正証書)を作成しています。

離婚協議書(公正証書)作成のご依頼後は、3ヶ月間相談無料です。

不安や心配事、これからのことなど、遠慮なく相談していただくための3か月間の無料相談です。

また、当事務所では新たな取り組みとして司法書士と業務提携しました。
離婚に伴う不動産(住宅)ローン、不動産名義変更などの問題や借金などについて、当事務所がワンストップ窓口となり、ご相談から手続きまでお手間を取らせません。

201402061430470fc (150x150).jpg

伊勢崎市連取町3083-2
司法書士法人ぐんま市民司法書士事務所
所長 簡裁訴訟代理司法書士 
反貧困ネットワークぐんま
代表 司法書士 仲道宗弘

※法務大臣の認定を受けた司法書士は,簡易裁判所において取り扱うことができる民事事件(訴訟の目的となる物の価額が140万円を超えない請求事件)等について,代理業務を行うことができます(簡裁訴訟代理等関係業務)。 簡裁訴訟代理等関係業務とは,簡易裁判所における(1)民事訴訟手続,(2)訴え提起前の和解(即決和解)手続,(3)支払督促手続,(4)証拠保全手続,(5)民事保全手続,(6)民事調停手続,(7)少額訴訟債権執行手続及び(8)裁判外の和解の各手続について代理する業務,(9)仲裁手続及び(10)筆界特定手続について代理をする業務等をいいます。 簡裁訴訟代理等関係業務は,業務を行うのに必要な能力を有すると法務大臣が認定した司法書士に限り,行うことができるとされています。



全国どこからでも賜ります。

全国公証役場所在地一覧表

出張します(遠方の場合には交通費を相談させていただきます)
前橋市 高崎市 桐生市 伊勢崎市 太田市 沼田市 館林市 渋川市 藤岡市 富岡市 安中市 みどり市 北群馬郡榛東村 北群馬郡吉岡町 多野郡神流町 甘楽郡下仁田町 甘楽郡甘楽町 吾妻郡中之条町 吾妻郡嬬恋村 吾妻郡草津町 吾妻郡東吾妻町 利根郡昭和村 利根郡みなかみ町 佐波郡玉村町 邑楽郡板倉町 邑楽郡明和町 邑楽郡千代田町 邑楽郡大泉町 邑楽郡邑楽町

電話、メールで全国どこからでも対応しています
北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 静岡県 岐阜県 愛知県 富山県 石川県 福井県三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by sayuri at 08:18| 財産分与|不動産ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする